結城 彩


あけびや茄子を想像する魅惑的な紫色の器。
紫の釉薬は独自で調合しできた色で、器の中央に輝く結晶にこだわり作陶しています。